今田さとみちゃんにインタビュー!! エマーブル / 吉原| ソープランド情報サイト 夜遊びソープ

吉原

18禁マーク

18歳未満の方はご遠慮願います。退場する。


コンパニオントピックス

インタビュー

『源氏名を呼んでも反応できないほどの素人娘。彼女は前戯と本番で受け応えする』

吉原ソープ「エマーブル」 今田さとみ 21歳 T167 B88(E) W57 H87

今田さとみ

──部屋に入ると、目鼻立ちのくっきりした女性が笑顔で出迎えてくれた。長い脚が印象的で、男の心とアソコをくすぐる出立ち。扉の向こうで、ボーイさんが「飲み物何にされますか?」と僕に訊く。お茶で、と答えると、ボーイさんは目の前にいる彼女にも訊いた。「今田さんは何にされますか?」


「えー、私もいいんですか? じゃあ……お水で──」


──明るくハツラツとした声は、顔の印象とは違う。背丈もあって、スタイルもいいのに、どこか幼さが残る。


──ボーイさんが水を持ってくる間、彼女に入店されてどれぐらいかを訊いた。


「3日目です」


──3日目? それまでに、どこで夜系のお仕事はやってたんですか?


「いえ、まったく──」


──なぜ? と訊いたところで、ボーイさんがお茶とお水を持ってきた。端的ではあったが、礼を言って再び訊いた。「なぜソープに?」


「エ○チが好きで……」


──え? それだけ?  きっかけとか。


「前の彼氏と別れてから、全然エ○チもしてなくて」


──ほんとですか?


「ほんとですよ。それで、いいかなぁと思って」


──なるほど。でも、「さとみ」さんが初々しいことはわかります。


「ありがとうございます」


──では、初体験について伺ってもいいですか?


「はい。でも、正直、全部覚えてるわけじゃないんです」


──というと?


「学校を卒業する直前だったんですけど、地元の先輩とお酒を飲みに行ったんですね」


──はい。


「恥ずかしながら、そのとき初めてお酒を飲んで、かなり酔っちゃったんです。それで……気付いたら、入ってた……」


──ん? ……入ってた?


「オチ○チンが──」


──オチ○チン!?


「はい。それまでにも彼氏はいましたし、チューもしたことあったんですけど、周りの友達から『痛い痛い』と聞いてたので、怖くて、中々踏ん切りつかなかったんです」


──酔っ払い過ぎて、〝ホテルに入った〟のかと思いましたけど、気付いたら、〝オチ○チンが入っていた〟とは……。


「すいません」


──でも、痛くはなかったんじゃないですか?


「そうなんです。お酒のおかげ? お酒のせい? ちょっぴり痛かったぐらいでした」


──良かったのか、悪かったのか。


「朝起きて、トイレに行ったら、血がドバドバ出ましたけどね」


──あらあら……。それまでにオ○ニーは?


「してました」


──彼女は明るい声で答えた。そして「待ってました。是非聞いてください」と言いたいかの如く、屈託のない笑顔だった。「いつぐらいから?」


「中学生のときです」


──はい。


「学校で、なんですけど」


──詳しく教えてください。


「教室の椅子あるじゃないですか。後ろだったか、横だったか、振り向くときにその椅子の角で、擦れたんですね」


──擦れた?


「はい。角に、たぶんク○ちゃんだと思うんですけど。それで『あぁ、気持ちいい』って」


──学校で初オ○ニー。


「そのあとすぐに、友達からオ○ニーという存在を教えてもらって、家で試したら、『これは椅子で擦れたときのやつだ』ということがわかって……」


──はい。


「めっちゃ、やりました」


──彼女は最高だった。訊けば、なんでも答えてくれるし、いやそれ以上に、楽しませてくれる。


「根がドMなんです」


──と言った彼女の真理はよくわからないけど、ゾクッとした。好きな体位は? という質問にも。


「バ○クです。鏡の前で、自分の感じてる顔を見ながら、指を咥えながら、が──好きです」


──今までで、一番興奮したセ○クスは何ですか?


「学生のときに、先輩の家でみんなでお酒を飲んでたんです」


──はい。


「そういうときって、大体ひとりひとり潰れていくじゃないですか」


──わかりますよ。


「終電もなくなって、みんなで泊まる流れになって、家主である先輩はベッドにいて、手招きされたんです。私も酔っ払ってて、ベッドで寝たかったので、呼ばれるがまま行って」


──それで?


「そのままみんなが寝てる中、エ○チしちゃいました。でも、実際は、みんな起きてたっていう──」


──でしょうね。


「声は出さないように。我慢してたんですけど。バレちゃってましたね……」


──ありがとうございます。他にはありますか?


「前に付き合ってた人が、マンションの高層階に住んでたんですけど。そこで、目隠しされて、カーテン開けられて『見えてるの? 見えてないの?』っていうのに興奮しました」


──「さとみ」さんは、人前でエ○チするのが好きなんですか?


「そんなことないと思うんですけど……」


──そう言った彼女の表情は艶かしく、唇だけがニヒルに笑っていた。「最後になりますが、何か言いたいことはありますか?」


「エ○チなことが大好きなので、是非会いに来てくださいね」


──「さとみ」さんとセ○クスすると、楽しそうだ。店を出て、秋晴れに照らされながら、彼女との行為を妄想する。自慢の愚息が全開になったせいで、事務所に戻るのにいつもより時間を要した。

【記事:W.M.D.】

記事のカテゴリー:

今回インタビューした店舗の情報

エマーブル

愛らしいキャスト達 高級×癒し プレミアムな時間と贅沢!

エマーブル

吉原/大衆ソープ

03-5808-96049:00~24:00

総額:100分~ / 41,000円~

  • 早朝営業
  • 送迎有り

愛らしいキャスト達 高級×癒し プレミアムな時間と贅沢!裏路地の隠れ名店へお越しください

出勤情報☆店長絶賛イチオシ姫☆超華やかなキラキラ系美少女は現役大学生!新鮮なスレンダーボディの下が伸縮自在!

同じカテゴリーのインタビュー

ページトップに