まほ-Mahoちゃんにインタビュー!! 王室 / 吉原| ソープランド情報サイト 夜遊びソープ

吉原

18禁マーク

18歳未満の方はご遠慮願います。退場する。


コンパニオントピックス

インタビュー

『舌の根から絡みつく口淫は、蛇のように纏わりついて僕たちを離さない。誤爆しないでください』

吉原ソープ「王室」 まほ-Maho 21歳 T163 B86(E) W56 H86

まほ-Maho

8月7日まで 「夜遊び見たで」 フリー、本指名共に5000円割引!!


──天使のような笑顔で「まほ」さんは僕を出迎えた。


「暑かったですよね。『まほ』と言います。本日は、どうぞよろしくお願いします」


──彼女は僕をBッドに座るように促し、正座している。贅沢にも彼女を上から見下ろす形で、インタビューが始まった。


「取材って、どんなことをすればいいんですか? その……あの……〝体験取材〟っていうのも、あるじゃないですか」


──そうですね。今回は、誠に残念ながら〝体験〟ではなく、通常の取材です。僕から質問させて頂くので、それに受け答えしていただければ。


「あぁ、そうなんですね。私、どういうものかわからなくて、もし〝体験〟だったら──と思って、お風呂にお湯、溜めちゃいました」


──えぇっ。それはそれは。すいません。


──僕は心を奪われた。いまだかつて、湯船に湯気が立ち込める状態でインタビューすることがあっただろうか。彼女に上手く言えば、体験取材に切り替えることができるのではないか。そんな下心さえ、芽生えた。「今日は、普通の取材です」


「はい。よろしくお願い致します」


──早速ですが、「まほ」さんの初体験について、伺ってもいいですか?


「はい」


──初体験は何歳で?


「15歳のときです。年上で遠距離の彼氏としました」


──早いですね。『まほ』さんの雰囲気だと、もう少し遅いと思ってました。


「そうですか?」


──はい。それに遠距離とは意外ですね。出逢いは?


「出逢いは中学生のときなんですけど、ネット上のコスプレチャットみたいものがあって。私、オタクなので、チャット上で色んなやり取りをしてたんです」


──はい。


「そこで仲良くなった大学生と、チャット上だけじゃなく、スカイプでやり取りしたりして、好きになって……告白したんです」


──ほぉ。中々積極的ですね。


「周りも、彼氏ができ始めていたのもあったと思います。でも、同年代には、あまり興味がなくて」


──わかります。年上が好きそうな雰囲気が伝わってきます。


「わかります? で、それで告白したんですけど、フラれちゃったんです」


──フラれちゃったんですか。


「はい。『付き合ってる彼女がいるから』と」


──真面目な彼じゃないですか。


「今考えると、そうですね。でも、そのときはショックで。しばらく連絡を取りませんでした」


──なるほど。


「それで、高校生になって、ふと連絡してみたんです。『お元気ですか?』って」


──はい。


「そしたら、返事があって。しかも、付き合っていた彼女と別れてたんです。そこから、また連絡取るようになって。それで……」


──それで?


「付き合って、三ヶ月後ぐらいに初体験を済ませました」


──どうでしたか?


「すごい緊張したってのは覚えてるんですけど、細かいことは覚えてないんです。優しかったと──思います」


──まぁ、初体験ですからねぇ。


「18歳ぐらいまではセ○クスが気持ち良くなくて。気持ち良いんですけど、今ほどってのはなかったんです」


──そうなんですか。〝いまは〟どこが気持ち良いんですか?


「Kリトリスと乳首が好きです。同時責めがいいですね」


──どんな風な同時責めですか?


「はい。激しいってよりも、ねっとり舐める、のが好きです」


──いやらしい言い方ですね。


「Mットのときもそうなんですけど、ゆっくりねっとり……ねっとりねっとり、じっくり時間をかけるプレイが好きです」


──ありがとうございます。他にはどんなプレイを?


「言葉責めも嫌いじゃないです」


──具体的に教えてもらっても?


「はい」


──彼女は声色を変えた。上品な口調から、淫乱さを隠していた淑女のように。


「『あっ、勃ってるよ? なんで触ってないのに勃ってるの?』」


──おお。


「『あぁっ、クラムチャウダーがいっぱい出たねー』」


──おお。


「オチ○チンじゃなくて、肉棒って言ったりもしますよ? 改めて言うと恥ずかしい……」


──聴いてるだけで興奮してきました。


「ありがとうございます」


──彼女は媚びるわけでもなく、胡麻をすっているわけでもない。声の高さは、男をその気にさせる。エ○チなことが好きで、本気で楽しんでプレイしている。そんな感情が乗っている声だ。「お客様にはどんなことで褒められるますか?」


「褒めるといいますか……Fェラになるんでしょうか」


──といいますと?


「Fェラをするときも、できるだけねっとりじっくり舐めるんです。舌も長くて(ベロー)、動かすので『蛇が絡みついてるみたい』になるそうです」


──いいですね。


「だから、〝誤爆〟することがあります」


──誤爆?


「はい。特に、童貞さんや溜めに溜めてお店に来ると、すぐに──」


──でも、発射前ってアソコが固くなったりするので、わかるもんじゃないんですか?


「そうなんですけど、お客様が、突然爆発しちゃうんです」


──えぇっ!?


「気をつけてるんですけど、突然だとなかなか……」


──どんなFェラなんですか。僕も誤爆してみたいです。


「ふふふっ」


──好きな体位はありますか?


「Bックが好きです。でも、私、少し足が長いらしく、立ちBックだと高さが合わないことがあるんです。だから寝Bックか、普通のBックがいいですね」


──なるほど。ここからだと、足が長いかはわかりませんけど。「まほ」さん、スタイルはすごくいいですよね。


「見ます?」


──彼女は立ち上がって、僕に背を向ける。


「どうですか?私、Tバックなんですよ」


──後ろを向いたまま、ヒラヒラのワンピースを捲し上げる。きゅっと引き締まったお尻が露わになった。僕は目を見開いて、凝視した。真っ赤なTバックが、嘘のように名脇役を演じている。「美しいです」


「ありがとうございます」


──最後になりますが、読者に向けてひと言お願いします。


「もっとエ○チに、お客様に寄り添った接客をしていきたい思っています。王室で一番は『まほちゃんだね』と言われるように、頑張りたいです」


──僕は「頑張ってください」と、部屋を出た。帰り際、受付の前で王室のスタッフに「すごい良い子ですね」と言った。恥ずかしげもなく、大きな声で。今になってから思い出し、赤面しながらペンを置く。

【記事:W.M.D.】

記事のカテゴリー:

今回インタビューした店舗の情報

王室

高級店に相応しい設備はもはや吉原名物!

王室

吉原/高級ソープ

03-3875-119812:00~24:00

入浴料:120分 / 20,000円

  • 送迎有り

高級店に相応しい設備はもはや吉原名物。厳選されたハイレベルなコンパニオンと素晴らしい個室で、夢のようなひとときをお過ごし下さい!

お知らせ★オフィシャルブログ更新しました★りおなさん編★

同じカテゴリーのインタビュー

ページトップに