柊木かえでちゃんにインタビュー!! エマーブル / 吉原| ソープランド情報サイト 夜遊びソープ

吉原

18禁マーク

18歳未満の方はご遠慮願います。退場する。


コンパニオントピックス

インタビュー

『彼女の敏感なポイントを押せ。スイッチオンで咲き乱れる白い花びら』

吉原ソープ「エマーブル」 柊木かえで 21歳 T155 B87(E) W57 H85

柊木かえで

──柊(ひいらぎ)という樹木は、トゲトゲの葉が特徴の樹木で、クリスマスの飾りに使われることが有名だ。彼女の入店が十二月だったことが、その理由だろう。


「はじめまして。柊木です。よろしくお願いします」


──ドレスの隙間から白くてツヤツヤしたおっぱいが印象的な女の子だった。「初体験は、いつですか?」


「18歳です」


──意外ですね。もっと早いのかと。


「こう見えて、グイグイいけない性格なんです」


──そうなんですね。好きな人にはガンガンアピールしそうですけど。


「見た目はそうかもしれないですけど、実際は奥手なんです」


──なるほど。お相手はどんな方でしたか?


「学校の同級生です。お互い処女と童貞でした」


──いいですね。やっぱり初体験は、そうあるべきですね。


「ですかね……」


──性感帯はどこですか?


「うーん……スイッチが入ると。どこでも性感帯?ですかね」


──ほぉ。ちなみに、スイッチというのは、どこにあるんでしょう?


「えっ……えっ……えっと……お相手の責め方によって……」


──なるほど。例えば、キスしたらとか。乳首とか、ア○コって訳ではないと?


「気分が乗ってきたら、ほんとにどこでも感じちゃうんです。特定の場所があるわけじゃないんですけど、優しく責められたり、エ○チな雰囲気だったりすると、もう──」


──ありがとうございます。いままでの経験人数を訊いてもいいですか?


「はい。3人です」


──お相手は全員彼氏ですか?


「ほとんどそうですね」


──ほとんど?


「はい」


──じゃあ、その〝ほとんど〟じゃないやつ教えてください。


「えーっと……一年ぐらいに前に、相席屋に行ったんです。友達と」


──はい。


「それで、そのまま店を出て。カラオケに行ったんですけど。あんまり楽しくなくて……トイレに行くついでに、レジの前の椅子で時間をつぶしてたんです。友達と『いつ帰る?』みたいな」


──うわぁ。男側としては切ないですね


「ごめんなさい。でも、あんまり楽しくなくて……そのときに、少し歳上の男性二人組に声をかけられて」


──レジ前で?ナンパ?


「まぁ、ナンパですね」


──それで、ついて行ったと?


「はい。相席屋でお会いした男性には、丁重に『さよなら』の挨拶をして。ついて行きました」


──中々、思い切りましたね。


「声を掛けられた男性が、なんだか楽しそうだったんです」


──楽しそうな雰囲気は大事ですね。それで持ち帰られたんですか?


「いえ。そのときは飲みに行って、帰りました」


──真面目じゃないですか。


「真面目です。で、後日です」


──後日?


「後日もう一度お会いして、お酒の勢いも手伝って──はい……」


──ありがとうございます。いままでで一番興奮したセ○クスを教えてください。


「えっと……なんだろう──」


──ゆっくりでいいですよ。たっぷり時間はありますので。


「そうですね。知り合いがやってるBarのトイレで、でしょうか」


──知り合い?Bar?トイレ?


「えっ。は、はい……」


──バ、バレたでしょう?


「それがバレないんです。説明すると難しいんですけど、絶妙な位置にトイレがあって」


──そ、そうですか。


「彼氏も私も、酔っ払ってて」


──はい。


「特に彼氏がかなり酔っ払ってたんです。私がトイレに立つと、ついてきて……そのまま──」


──そのまま……襲われたわけですね。彼氏さんに。


「はい……普段はもっと落ち着いた場所でセ○クスするのが好きなんですけど。そのときは、バレるんじゃないか。聴こえるんじゃないかって、興奮しちゃいました」


──彼女は自己主張をはっきりしてそうな見た目とは裏腹に押される弱い。断るのが苦手のようである。なんとも女の子らしい性格に胸が躍った。「お客様によく褒められるところを教えてください」


「おっぱいとお尻です。抱き心地がいいとも言っていただけます」


──たしかに。お尻は見えませんけど、お胸はずいぶん柔らかそうです。それにお肌白いですよね?


「ありがとうございます」


──好きな体位はありますか?


「昔はBック……です」


──昔?いまは?


「正◯位です。一周まわって、正◯位に落ち着いた、みたいな感じです」


──わかります。セ◯クス覚えたての頃って、色んな体位試したくなりますもんね。


「はい」


──最後に「柊木」さん。今後の目標があれば、教えてください。


「やれるところまで続けたい。たくさんのお客様に喜んでいただけるよう」


──彼女がそう答えてインタビューを終えた。


──縁起木として植えられる樹木〝柊〟は、冬の訪れとともに花が咲く。夏本番を控えるこの時期に彼女は何を見せてくれるのか。きっと敏感な身体を使って、ずいぶん早くに快楽の花びらを開花させるに違いない。

【記事:W.M.D.】

記事のカテゴリー:

今回インタビューした店舗の情報

エマーブル

愛らしいキャスト達 高級×癒し プレミアムな時間と贅沢!

エマーブル

吉原/大衆ソープ

03-5808-96049:00~24:00

総額:100分~ / 41,000円~

  • 早朝営業
  • 送迎有り

愛らしいキャスト達 高級×癒し プレミアムな時間と贅沢!裏路地の隠れ名店へお越しください

出勤情報☆店長絶賛イチオシ姫☆華やか過ぎる超美形フェイスはこれぞ「東北美人」!最高級グラビアボディが即濡れ!

同じカテゴリーのインタビュー

ページトップに