ともちゃんにインタビュー!! アメリカンチアガール / 吉原| ソープランド情報サイト 夜遊びソープ

吉原

18禁マーク

18歳未満の方はご遠慮願います。退場する。


コンパニオントピックス

インタビュー

『小さい頃から淫乱だったドエロ娘』

吉原ソープ「アメリカンチアガール」 とも 22歳 T154 B110(H) W59 H110

とも

──階段から降りてきた「とも」さんは、透け透けの下着姿だった。黒色のブラジャーとパンティ、そしてくびれのラインにはレースが掛かっていた。


──魅惑のボディに見惚れていると「じゃあ、行きましょっか」と言って僕の手を引いた。「は……はい」


「こちらにどうぞ」 


──部屋に入ると、彼女は人懐っこく笑う。


「手作りの名刺……渡してもいいですか?」


──僕は「勿論」と答えて、名刺を受け取る。彼女はマニュアル通りに振る舞っているだけなのかもしれないが、僕は嬉しかった。


「取材って慣れてなくて……何を話せばいいんですか?」


──そうですね。僕が質問するので、答えてもらったら、大丈夫ですよ。


「わかりました。なんでも答えます」


──ありがとうございます。早速ですが、色々訊いていってもいいですか?


「はい」


──では、初体験はいつ頃でしょうか?


「えーっと……初体験ですか?」


──はい……どうかしました?


「いや、わたし結構早くて、記事に書けないかもしれません」


──……いつですか?


「○1歳です」


──すいません、書けません。(書いてるけど)


「ですよね?私の話、あんまり書けないことが多いかも」


──大丈夫です。が、がんばります。ちなみに、初オ○ニーはいつ頃ですか?


「はっきり覚えてないんですけど、5歳とかですかね?」


──えっ。きっかけとかあったんですか?


「それが特にないんですよ。さすがにイクとかはなかったですけど、なんか気持ちいいなぁってイジイジしてました」


──もう、根っからのドエロじゃないですか。


「そうですよね?」


──彼女はニッコリ笑う。整った顔立ちを崩さないように。「性感帯を教えてください」


「肩とクリです」


──肩?


「はい。肩です」


──肩は初めて聞きました。舐められたりすると気持ちいいんですか?


「はい。舐められるのがいいですね。しゃぶりつくぐらいの、激しめが好きです」


──でも、肩を責める人って中々いないんじゃないですか?


「そうなんです。だから、インタビュアーさん、頑張ってください」


──が……がんばります。クリ○リスについても教えてください。


「普段は半分ぐらいなんですけど、興奮してくると、私のクリ……〝ズルムケ〟になるんです。それをシュポシュポ吸われるのが好きです」


──表現が最高ですね。


「ありがとうございます」


──「とも」さんは接客するときに、意識されてることってありますか?


「70分2回戦推奨のお店なので、1回戦目は勢いそのまま果ててもらって、2回戦目にじっくり味わうって感じでしょうか」


──70分2回戦……みんな大丈夫なんですか?


「はい。それが、〝案外〟大丈夫なんです」


──彼女は〝案外〟と言った。どう大丈夫なのだろうか。若いお客が多いのか。それとも……。


──趣味はありますか?


「趣味?それは、プライベートの?それともエ○チなほうの?」


──プライベートの趣味を訊いたつもりだったが、目の前にいる下着姿の彼女に負けた。「じゃ、エ○チなほうで」


「男の、潮吹きです」


──僕自身、潮吹きの経験はないが、体験してみたい。そう思った。


「コツがあるんですよね。もちろん、ご要望がない限り、することはないですけど、プライベートでは……」


──ありがとうございます。念のため、プライベートの趣味も訊いてもいいですか?


「はい。ゲーセンの〝頭文字D〟と漫画の〝バキ〟と〝ザ・ファブル〟が好きです」


──まるで、男じゃないですか。


「そうなんです。だから、おじ様方とよく話が合いますよ」


──彼女はまた笑った。そこには悪意もなく、忖度もない。ただ真っ直ぐな瞳で僕を見ていた。


──最後になりますが、チャームポイントを教えてください。


「えーっ、もう終わりですか?そうですね……やっぱりおっぱいですかね。わたし、おっぱい柔らかいんです」


──僕は彼女が着けているブラジャーに目線を向ける。白くてフワフワしてそうだ。


「触ります?」


──えっ?いいんですか?


「いいですよ。ほら」


──彼女は、白いフワフワのおっぱいの谷間を身体の中央に寄せた。僕は童貞か如く、右手の人差し指と中指を使ってツンツンした。


「……どうですか?


──白くてフワフワしてます。


「ありがとうございます」


──吉原でインタビューを始めて、約一年半。取材数は五十を超える。僕は、初めて女の子のおっぱいを触った。お店、本指名客、そして「とも」さんに、僕がお叱りを受けないことを願ってペンを置く。

【記事:W.M.D.】

記事のカテゴリー:

今回インタビューした店舗の情報

アメリカンチアガール

素人系から様々なタイプの女の子が揃っているライト感覚ソープ!

アメリカンチアガール

吉原/格安ソープ

03-3875-658612:00~24:00

総額:70分 / 13,980円

  • 1万円台で遊べる
  • 送迎有り

吉原で一番オトクに遊びたいアナタ!「アメリカンチアガール」は格安で遊べて素人系から様々なタイプの女の子が揃っているライト感覚ソープです!

出勤情報【アメリカンチアガール】11/26(土) 玲奈(No2)

同じカテゴリーのインタビュー

ページトップに