ちかーChikaちゃんにインタビュー!! 王室 / 吉原| ソープランド情報サイト 夜遊びソープ

吉原

18禁マーク

18歳未満の方はご遠慮願います。退場する。


コンパニオントピックス

インタビュー

『小さく華奢な身体から溢れ出す魅惑のEカップ』

吉原ソープ「王室」 ちかーChika 20歳 T150 B89(E) W57 H87

ちかーChika

10月12日まで 「夜遊び見たで」 フリー、本指名共に5000円割引!!


──身長は隠せない、彼女を見て改めて思った。写真だと加工したり、体型だと洋服で誤魔化せても、背の高さだけは〝盛る〟ことができないのだ。逆に、低身長の女の子が背伸びでもしようものなら、それはもう、可愛い。


「Eカップです」


──背の低い女性というのは、どうしてもスタイルを綺麗に決めることが難しい。高級ソープ「王室」のクオリティか。「ちか」さんの天性か。これぞ、ランキング嬢と言わしめる女性であった。「どういうお客様が多いですか?」と僕は訊いた。


「わたし、幅が広いんです。もちろん、色んな職業の方が来られますが、年齢的にも20代から70代80代の方と、幅広くお越しいただいてます」


──珍しいですね。


「そうなんですかね?」


──はい。大体どの女性も、若い人が多いとか。おじさんが多いとか、少しは偏るもんなんですよ。


「うーん、どうしてですかね……」


──それだけ幅広く愛されてるってことですね。


「ありがとうございます」


──好きな体位を教えてください。


「騎○位が好きです」


──意外ですね。


「バ○クも好きなんですが……特に寝バ○ク。でも、上に乗ってることのほうが多い気がします」


──責め好きなんですか?


「どっちも好きです。でも思い返すと、騎○位が多い……」


──なるほど。もしかして「ちか」さんのお客様がMっ気の多いのが多いんですかね?


「どうなんでしょう?そういうわけじゃない気もしますが……」


──もしかしたら、指名のお客様に〝顔面○乗〟をしてあげたら、喜ぶかもしれませんね。


「そうかあ……やってみようかな」


──彼女は目だけは真っ直ぐ向けて口角だけ上げた。したり顔とも取れるさまでクールな笑顔を見せた。プレイの話が逸れて、彼女のプライベートな部分に踏み込んだ。


「分かりやすいアクション映画が好きですね。あとは、海外ドラマもよく観ます」


──アクション系は、やっぱり映画館で観たいですよね?


「そうなんですよね。コロナになってからは自重気味です」


──休みの日はなにを?


「お酒を飲んでることが多いかもしれません」


──お酒、好きなんですか?


「はい」


──意外です。あまり、そうは見えないので……。なにを飲むんですか?


「なんでも飲みますよ?でも、辛口系が好きです」


──ビールだと、アサヒとか?


「うーん…………」


──「ちか」さんは少し間を取った。そして言った。


「エビス」


──なるほど、なるほど。彼女は奇をてらったわけでもなく、僕に遠慮をしたんだな。親に「エビスは高級品だから大事に飲みなさい」と言われたことを思い出した。


「あとは日本酒」


──他にも、煮魚より焼き魚が好きで。特にサバには目がないようだ。犬の散歩の話になったところで、話題を急旋回し、セ○クスの話に戻した。


「思いやりのあるセ○クスが好きです。相手の気持ちを考えてするセ○クス」


──なかなか、大変なことを言いますね。


「そうですよね。でも、そういう優しいセ○クスがしたいんです」


──抽象的なことというのは記事にしづらいが、ランキング嬢とあれば説得力がある。


「雰囲気を大切にしながら、優しく触れ合う。ゆったりしたムードの中、徐々に激しくなっていく……」


──言葉に色気があり、思わず「ちか」さんの谷間をチラ見した。すぐに目を逸らしたが、「もう一回だけ」とおっぱいを目に焼きつけた。


──最後に、何か言っておきたいことはありますか?


「わたし、お尻上がってるんです」


──座ったままだとわかりづらいので、後ろ向いて見せてもらっていいですか?(職権濫用だということは自負している)


「はい。えーっと……こんな感じです」


──彼女はパステルカラーのワンピースを捲し上げてお尻を強調した。しかしながら、ふわふわのスカートの上からではお尻が上がっているか僕の目ではどうか確認できなかった。


「ど、どうですか?」


──「いいお尻ですね。素敵です」と言った。お尻のアップダウンこそ確認できなかったが、小柄の「ちか」さんが僕にお尻を見せつけている姿が素敵だったのだ。可愛かったのだ。「ありがとうございます」


──インタビュー中に、お互いのつま先が二度ほど触れた。足先と足先が触れているだけのに、僕は〝ちょんちょん〟と誘惑を受けているようだった。きっと彼女の指名客も同じ感情を抱いてるに違いない。僕はニンマリしながら、インタビューを終えた。

【記事:W.M.D.】

記事のカテゴリー:

今回インタビューした店舗の情報

王室

高級店に相応しい設備はもはや吉原名物!

王室

吉原/高級ソープ

03-3875-119812:00~24:00

入浴料:120分 / 20,000円

  • 送迎有り

高級店に相応しい設備はもはや吉原名物。厳選されたハイレベルなコンパニオンと素晴らしい個室で、夢のようなひとときをお過ごし下さい!

お知らせ★フリー割引キャンペーン実施中!!他

同じカテゴリーのインタビュー

ページトップに