ひかるちゃんにインタビュー!! アメリカンチアガール / 吉原| ソープランド情報サイト 夜遊びソープ

18禁マーク

18歳未満の方はご遠慮願います。退場する。


コンパニオントピックス

インタビュー

『ドM巨乳は、拘束してア○ルを犯せ』

吉原ソープ「アメリカンチアガール」 ひかる 23歳 T160 B103(G) W62 H94

ひかる

──慎ましい佇まいの「ひかる」さんのおっぱいは、自己主張が強かった。一目で〝M〟だとわかった。「入店してどれぐらい?」と訊ねると「九ヶ月です」と答える。どんなにこの業界に長くいても、彼女がソープ店で働いているなんて想像すらできない。


「完全に〝受け派〟ですね。たまにお客様に『お任せで』って言われると、『えーっ!?』ってなっちゃいます」


──潔く〝M〟だと認めた。自他ともに……という言葉がぴったりだ。僕は「どういうところが〝M〟だと思いますか?」と訊いた。


「お○ちゃをいっぱい持ってるんですよね。手枷、足枷、口枷、それから……」


──ほんとですか!?全然そういう風には見えないので、びっくりしちゃいました。他にもありますか?


「バ○ブと、お尻のおもちゃ。わたし、お尻〝可〟なんで」


──ちょっと待ってください、「ひかる」さん。さっきから、ずいぶん卑猥なことを言ったますよ?


「あっ、えーっと……スパ○キングも好きです」


──そう言って、彼女は手のひらで赤い顔を覆った。インタビューの冒頭で「人見知りなんです」と確かに、言っていた。言葉通り、初対面からいきなり打ち解けるタイプではない。しかしひとたび、エロの話になると、没頭するように、見た目から絶対に想像できないぐらいの淫猥な言葉を並べる。


──責め好きのお客様に興奮する、と言っていたが、衝撃なプレイ内容の連続に僕は脱帽した。


「昔、お尻を開発されちゃって。それで、お店に入るときに『お尻大丈夫です』って言っちゃいました」


──なんて健気なんでしょう。なんて素敵なんでしょう。彼女は言葉の中に、ついうっかりという気持ちを込めて、答えてくれたような気がした。「オ○ンコとア○ルだと、どっちが気持ち良いんですか?」


「どちらかというとオ○ンコですが、両方がいいです。両方一緒に責められるのが、いちばん気持ちいいんです」


──なるほど、なるほど。オ○ニーはされますか?


「はい」


──どれぐらいの頻度で?


「毎日です。出勤前にすることが多いです」


──毎日!?


「はい。癖なんですよね。朝起きてからのオ○ニーが。それが終わってから、歯を磨いて、朝ごはん食べて、家を出る……みたいな感じです」


──色んな拘○器具をお持ちですけど、初めて来た方はわからないですよね?自分から「縛って」って言うんですか?


「言いませんよ(笑)ありがたいことにブログを見てから、来てくれるお客様も多いので『持ってるんでしょ?』って言われます」


──それで、お○ちゃを出すと?


「はい。どれを使うかは、気分というか、お客様次第ですけど、大体は拘○されて〝責められる〟パターンです」


──お好きなんですね。


「はい。エ○チなこと、大好きです」


──彼女はそう言ったあと、俯き加減で照れた。処女のような経験値の浅い雰囲気を纏いつつ、四六時中オ○ニーし、お店では手足の自由、そして口枷で言葉さえ奪われ、お尻と秘部を同時に責められる。これを専門用語で〝ギャップ〟というのだろう。


──「ひかる」さんのフ○ラは、どんな感じですか?


「吸い取るぐらいジュポジュポやっちゃいます」


──ほぉ……。


「ディ○プスロートぐらいはできちゃいます」


──苦しくないんですか?


「苦しくないですよ。むしろ、喉の奥まで入ってる感じが好き……どんなにアソコが大きい方でも咥えちゃうので」


──すごいですね、「ひかる」さん……。いつからそんなにエ○チになったんですか?


「いつからでしょう……」


──質問を変えます。初めてオ○ニーしたのはいつですか?


「えーっと、中学一年か、二年か。それぐらいです」


──きっかけは?


「はい。母と寝室が一緒だったんですけど、ベッドの脇にマッサージ器が置いてあったんですね」


──電マ!?


「はい。よく見かける電マとは少し違うんですが、なにも知らずに母の真似をして、それを身体に当ててたんですね。でも、いつだったか、ア○コに当てちゃって、気持ち良いってなったんです」


──お母さんも電マ好きだったんですね。


「いえいえ、それはちがいます。母は下ネタのひとつも許さない人だったので。気付いたら、その電マは寝室から消えてましたし」


──きっかけは母だった。清廉潔白が災いし、知らず知らずのうちに電マを寝室に置いしまった。


「母は本当に、オ○ニーなんてしてなかったと思います」


──インタビュー終わったあとに、気付いたことが一つあった。「ひかる」さんの豊満なおっぱいについて、聞き逃したことだ。乳牛すら気後れするその胸に、僕はほとんど何も訊いていない。どうやってそれを駆使するのか、どうやって男を喜ばせるのか。チャームポイントであるはずの巨乳が霞んでしまうぐらい、プレイの内容が濃厚すぎたのだ。決して、僕の実力のせいではない。


「遊びに来ていただいたら、色々白状しますので。是非、お待ちしております」


──彼女が言った。何故だかそう言った。もう沢山、白状してもらったんですが……。


──どうやら、僕はインタビュアーとして、まだまだのようだ。

【記事:W.M.D.】

記事のカテゴリー:

今回インタビューした店舗の情報

アメリカンチアガール

素人系から様々なタイプの女の子が揃っているライト感覚ソープ!

アメリカンチアガール

吉原/格安ソープ

03-3875-658612:00~24:00

総額:70分 / 13,980円

  • 1万円台で遊べる
  • 送迎有り

吉原で一番オトクに遊びたいアナタ!「アメリカンチアガール」は格安で遊べて素人系から様々なタイプの女の子が揃っているライト感覚ソープです!

出勤情報【アメリカンチアガール】10/25(月) そら(No1/Iカップ)

同じカテゴリーのインタビュー

ページトップに